土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

歯が抜けた時の対処法

突然、歯が抜けてしまった時、どのように対処をしたら良いのでしょうか。
結論から言うと、できるだけ早めに歯科医院を受診するべきです。
しかし、歯が抜けた状況によっては、やっておいた方が良い対処方法がありますので解説したいと思います。
歯が抜けてしまうのに、考えられる状況には次のパターンがあります。それぞれの対処法と共に解説します。
・ ぶつけて歯が抜け落ちてしまった場合
スポーツなどで、歯をぶつけるなどして、歯が抜け落ちてしまうことがあります。「歯の脱臼」という症状です。この場合、「再植」と言って、歯を元の位置に戻せる可能性があります。
抜けた歯には、歯と歯槽骨を結びつける組織が残っていることがあるので、ゴシゴシ洗ったりせずに、速やかに冷たい水もしくは牛乳に浸けて乾燥しない状態にし、できるだけ早く歯科医院を受診するようにしましょう。早ければ早いほど、再植できる可能性は高くなります。
・ グラグラしていた歯が抜け落ちてしまった場合
もともとグラグラしていた場合には、歯周病である可能性があります。この場合は、残念ながら歯を元に戻すことはできません。周囲の歯も歯周病に罹患している可能性があるので、できるだけ早く治療を始めるようにしましょう。
先に解説し「脱臼」なのか判断ができない場合には、「脱臼」の対処方法を行うようにしましょう。
・ 被せ物をしている歯が抜け落ちてしまった場合
ぶつけて抜け落ちた場合には、先に解説した「脱臼」の可能性があります。そうでない場合には、実は歯の根は残っていて、被せ物と土台の部分だけが外れてしまった可能性があります。外れたしまったのであれば、状態によってそのまま接着するか、作り直しを行うかになります。
「脱臼」の可能性がある場合には、「脱臼」の対処方法を行うようにしましょう。
当院では、一般歯科診療を行っております。ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.tdc.gr.jp

電話初診予約・お問い合わせ
HOMETELACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。