土曜診療 各種ローン対応 各種保険取扱

0797215655

【診療時間】午前 9:00~13:00 午後 14:30~19:00
【休診日】日曜、祝日

※水曜・土曜は午前診療のみ

columnblog

金属アレルギーがあってもインプラント治療は可能?インプラントを入れた後に金属アレルギーになることはある?

金属アレルギーとは

金属アレルギーは、様々な種類の金属が皮膚や粘膜に触れることで生じるアレルギー性の接触皮膚炎です。その原因となる主な金属には、ニッケル、クロム、コバルト、水銀、パラジウムなどが挙げられます。
金属アレルギーの多くは、金属製のネックレスやピアス、指輪などの宝飾品、また歯科治療でいれた銀歯などによって生じるといわれています。これらの金属が汗や唾液によって溶けだし、その金属成分に体の免疫が過剰に反応した結果、かゆみや湿疹、水ぶくれなどの症状があらわれます。またこのような症状は金属が接した部位に一致してみられるのが一般的です。ただし歯科用金属などで体内に金属成分が入り込んだケースでは、体全体にかゆみや赤み、湿疹などを生じることがあります。

金属アレルギーでもインプラント治療はできる?

歯科治療で用いる金属の中にはニッケルやクロム、パラジウムなどアレルギーを起こしやすいものも含まれています。したがってもともと金属アレルギーのある方の場合、このような金属が含まれる被せものや詰めものを口内に入れることは控えなければなりません。
ではインプラントとはどうかといえば、インプラントに関しては素材に「チタン」というアレルギーを起こしにくい金属が用いられています。チタンは血液や唾液などの体液で溶ける(イオン化する)ことがなく、生体との相性も良いことで知られる金属です。このためチタンはインプラントのほかに、ペースメーカーや人工関節、骨折の際に骨を固定するボルトなど、様々な医療分野で応用されています。
さらにインプラントにとって好都合なのは、チタンには骨と直接結合する性質があるという点です。その性質を最初に発見したのはスウェーデンのブローネマルク博士で、この発見こそが現在に至るインプラントの礎となっています。
ただしそのチタンも100%アレルギーを起こさないわけではありません。きわめて稀ではありますが、チタンで金属アレルギーを発症する方もいらっしゃいます。したがってもともとアレルギー体質の方やすでに金属アレルギーのある方は事前にその旨を担当歯科医に必ず伝え、必要な検査等をおこないましょう。

インプラントによる金属アレルギーの症状

では実際に、もしインプラントによって金属アレルギーを発症した場合、どのような症状が起こるのかを以下にみていきましょう。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)

歯科用金属が原因で起こるアレルギー症状の1つが扁平苔癬です。舌や唇、頬、歯茎などの粘膜に白いレース状の腫れがみられたり、粘膜に炎症が生じると赤く腫れたりします。また自覚症状として、痛みや不快感、味覚異常などをともなうことがあります。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症は膿がたまった「膿疱(のうほう)」という水ぶくれのようなものが、手のひらや足の裏に数多くみられる皮膚の病気です。これらの症状は良くなったり悪くなったりを周期的に繰り返すのが特徴で、手や足のほかに膝やスネにもみられることがあります。掌蹠膿疱症の原因についてはまだ明らかになっていない点も多くありますが、日本では歯科用金属が原因で発症したケースがいくつか報告されています。

金属アレルギーの症状が起こった場合の対処法

もしインプラント治療後に金属アレルギーを発症した場合は、以下のような方法で対処していきます。

まずは「パッチテスト」で原因を確認

インプラント治療後にアレルギー症状がでた場合は、パッチテストや血液検査などでその原因を突きとめます。パッチテストとは試薬のついたテープを腕や背中に張り、48時間おいて皮膚におこる症状を見るものです。なお、もともと金属アレルギーのある方やアレルギーに不安のある方は、治療をはじめる前にパッチテストを受けておくことをおすすめします。

チタンが原因の場合は、インプラントを除去

先の検査でアレルギーの原因がチタンと判明した場合は、埋入したインプラントの除去をおこないます。せっかく入れたインプラントですが、チタンが原因の場合はその元となっているインプラントを取り除かないと症状が治りません。インプラント除去後はブリッジや入れ歯など、他の治療法を検討していきます。

まとめ

インプラント治療においては、それが元で金属アレルギーを発症することはほとんどないため、あまり心配はしなくてもいいでしょう。ただし「可能性がゼロ」というわけではありませんから、知識として頭にとめておくことは大切です。またもともとアレルギー体質の方、すでに金属アレルギーのある方については、あらかじめパッチテストを受けておくなど事前のチェックをおこなっておくことをおすすめします。
金属アレルギーに関してご不明な点、ご不安な点などございましたら、いつでも当院にご相談ください。

当院のインプラント治療については、下記のページにも情報がございますので、あわせてご覧ください。

インプラント治療

電話 カウンセリング お問い合わせ
HOME TEL COUNSELING ACCESS
0797215655

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町10-18 マグナスビル1F

【休診日】日曜、祝日
※最終受付時間は、午前診療12:30、午後診療18:30迄となります。

臨床研修医を受け入れています(お気軽にご相談ください)
RADC
クレジットカードでもお支払い可能です。